沿革

昭和16年10月4日 会発足
秋田県鍼按灸師会発足 初代会長に秋田県立盲学校長 仲山 源吉氏就任


昭和18年 海軍技療手団出陣
大東亜戦争の航空隊員へ疲労を一時も早く取り除くべく体調回復を目的としたマッサージの滅私奉仕団「海軍技療手団」が結成され、秋田県師会より団員8名が出陣。東京で3ヶ月の訓練を受け、それぞれ任地に赴いた。会員の中には痛ましくも戦死され無言の帰宅をされた方も居る。


昭和21年3月 第二代会長に秋田県立盲学校長 小泉 岩夫氏就任


昭和22年12月20日 法律第217号制定
GHQより鍼灸治療の禁止要求が出され法第72条(按摩術・鍼術・灸術等の営業取締規則)が22年12月31日限りで効力を失う事となった。

そのまま効力を失った場合、大変な事になると言う事で9月より存続運動を展開。当時、盲学校の教諭だった加賀谷久治氏(八代会長)が鍼灸会事務局長として会長や業団関係者と共に厚生省・連合軍司令部に二度三度と陳情、事情説明に奔走。紆余曲折を経て12月3日鍼灸マッサージの存続が認められた。12月20日法律217号「あん摩・はり・きゅう・柔道整復等営業法」公布された。

この年、当時任意団体ではあったが「秋田県鍼按灸師会」の名称を県庁に届出。


昭和25年4月 第三代会長に秋田県立盲学校長 伊藤 為助氏就任


昭和26年4月第四代会長に秋田県立盲学校長 岡田 天鷹氏就任


昭和30年4月第五代会長に泉谷 南陽氏就任
この年、県知事と当師会の間で「生活保護法による医療扶助中、あん摩の行う施術について」の協定が締結される。


昭和30年11月 健康保険取扱開始
11月に全鍼連主催・厚生省後援の25時間にわたる「第1回保険マッサージ医学講座」に代表者を派遣。この後、伝達講習会を開催し保険取扱が促進された。療養費払いではあるが健康保険を取扱う会員が多くなった。


昭和40年7月11日 秋田県鍼按灸師会創立25周年記念大会開催 基調講演 芹沢 勝助先生


昭和44年名称変更
「秋田県鍼按灸師会」の名称を「秋田県鍼灸マッサージ師会」に名称変更


昭和46年8月3-4日東鍼連秋田大会開催(場所不明)


昭和46年8月4日 秋田県鍼灸マッサージ師会創立30周年記念大会開催


昭和50年5月 第六代会長に山内 茂寛氏就任


昭和52年7月17-18日 東鍼連秋田大会を湯瀬温泉湯瀬ホテルで開催 参加者156名


昭和54年2月9日 法人格取得
1月31日県の認可が下り、2月9日付けで法務局に登記する。「秋田県鍼灸マッサージ師会」の名称から「社団法人秋田県はり師・きゅう師・あん摩マッサージ師圧師会」の名称へ変更し法人の認可を取得


昭和54年4月 第七代会長に石塚 直治氏(秋田市支会)就任


昭和55年 厚生大臣表彰
山田 寅之助氏(秋田支会)受賞
大館市ではり・きゅう・マッサージの「助成制度」が県内で初めて設けられる


昭和56年 当会創立40周年記念式典及び祝賀会開催


昭和57年 「労災保険取扱い指定・指名」の協定を労働基準局と締結する


昭和58年6月11-12日 東鍼連秋田大会・学術大会が男鹿市を会場に開催 参加者160余名


昭和63年 法第217号改正
「あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師等に関する法律」が一部改正される


平成元年4月 第八代会長に加賀谷 久治氏(秋田市支会)就任 


平成元年 厚生大臣表彰
瓜生 喜七氏(大曲仙北支会)受賞


平成元年7月2-3日 東鍼連秋田大会が秋田市ニュ-グランドホテルを会場に開催


平成3年4月-12月 厚生大臣指定講習会開催
関係六団体合同による「厚生大臣指定講習会」を秋田県社会福祉会館十階を会場に242名が参加して開催される。講義は「あ」が60時間・「はき」80時間・「あはき」が100時間で11回実施


平成3年9月8日 創立50週年記念、法人認可12周年記念式典・祝賀会開催
秋田市キャッスルホテルを会場に衆参両院議員・県会議員・県当局・関係各位のご来賓をお招きして、盛大に開催される。式典では(社)全日本鍼灸マッサージ師会会長賞を7名受賞・当会会長賞を16名受賞・当会感謝状を20名受賞


平成7年7月2-3日 東鍼連秋田大会が秋田市ニューグランドホテルを会場に開催 参加者180名


平成11年4月 第九代会長に丸山 芳也氏(大館北秋支会)就任


平成11年12月8日 厚生大臣表彰
高橋 彦安氏(大曲仙北支会)・内藤 幸蔵氏(能代山本支会)の両名が受賞


平成12年8月 当会ホームページ開設


平成13年4月 創立60周年記念式典
秋田市フォーラムアキタを会場に来賓者多数をお招きして開催


平成13年7月1-2日 東鍼連秋田大会が田沢湖町プラザホテル山麓荘を会場に開催 参加者140名


平成15年2月2日 平成19年開催の「秋田若杉国体」に向けて秋田県体協主催の「トレーナー養成講習会」が始まる。当会からの受講者は32名。平成18年3月26日まで受講


平成15年4月 第十代会長に小松田 泰氏(横手平鹿支会)就任


平成19年10月 第62回国民体育大会「秋田わか杉国体」、第7回全国障害者スポーツ大会「秋田わか杉大会」に当法人から多数の会員がトレーナー、セラピストとして参加。


平成20年7月 東鍼連秋田大会が秋田市さとみ温泉を会場に開催。


平成23年9月4日 創立70周年記念式典

秋田市ビューホテルを会場に来賓者多数をお招きして開催。


平成25年10月1日 法人格を「一般社団法人」に変更、名称を「一般社団法人秋田県鍼灸マッサージ師会」とする。初代代表理事は小松田泰氏が就任。


平成27年5月 第十一代会長(代表理事)に高橋 和彦氏(大仙支会)就任


平成27年7月 東鍼連秋田大会が仙北市田沢湖芸術村ゆぽぽを会場に開催。83名参加


平成28年度5月 当法人ホームページ(Webサイト)一新リニューアル。